代表石田大輔 - 名古屋の交通事故弁護士

名古屋交通事故相談室 弁護士 石田大輔

0120-440-018

24時間365日受付中
相談料0円・着手金0円・弁護士費用特約ご利用可

メールで相談する

弁護士紹介

[slideshow_deploy id=’501′]

石田 大輔 (愛知県弁護士会所属)

平成17年3月 名古屋大学法学部 卒業
平成21年3月 慶應義塾大学法科大学院 修了
平成21年9月 司法試験合格
平成22年12月 弁護士登録(角谷法律事務所へ入所)
平成24年10月 当事務所へ移籍
平成27年1月 当事務所 パートナー
現在に至る。
弁護士会活動等 高齢者・障害者委員会、隣接士業に関する特別委員会

取扱分野

交通事故、相続、遺言、遺産分割、不動産トラブル、企業法務、高齢者問題、離婚、債務整理、債権回収、その他一般民事、刑事事件

NPO法人きずなの会と連携した高齢者の支援業務及び成年後見業務

ご挨拶

はじめまして、弁護士の石田大輔と申します。
私が弁護士になりたいと決意したエピソードがあります。それはまだ、学生だった頃に人種差別がテーマの映画作品を鑑賞したのですが、その主人公の弁護士が弱い立場にある人の側について懸命に戦う姿に感動を受けたことがきっかけとなり、自分自身もそんな困っている人々のために戦えるような職業に就きたいと一念発起し、弁護士になるために法科大学院の入学を目指すこととなりました。
あらためて考えてみると、今もこうして交通事故分野に一番チカラを注いでいるのは、弱い立場にある被害者の方々の救済ために挑み続けたいという想いや信念が、強く根付いているからなのだと思います。

さて、交通事故の賠償問題の解決には、弁護士介入による諸手続きや示談交渉が最良の手段であることはサイト内のコンテンツをご覧いただいてご理解いただけたかと存じます。しかし一方で、日本全国どこの弁護士に依頼してもその賠償結果は同じではないということも知っておいていただきたいのです。
弁護士もそれぞれ個性を持つ人ですから、向き不向きもありますし取り組んできた経験や実績、考え方なども人それぞれです。何が言いたいのかと申しますと、例えば交通事故による後遺障害等級申請の場面において、その蓄積された経験や知識が、等級認定の結果に大きく影響するからです。
また、そのほかの賠償項目においても然り、治療期間のことなどについても交通事故の解決実績が豊富な弁護士が介入することでその差が出ます。

そして金銭的な問題だけではなく、身体的なことや精神的なこと、仕事のことや今後の生活面など、交通事故によって課せられた問題は多様で複雑化します。またときに、重大事故によって大切な家族を亡くしてしまったり、後遺障害により元の生活に戻ることができなくなってしまう場面にも遭遇します。
しかしそれでも、弁護士石田はその解決の糸口を紐解き導くために、ひとつひとつの問題に真剣に向き合い、交通事故の法律専門家として役割と責任をしっかりと果たしていきたいと考えております。
愛知県において交通事故の被害にお悩みの方は、名城法律事務所サテライトオフィスの弁護士石田に、その問題解決を是非ご依頼ください。